テーマ:産地

金の埋蔵場所は都市にあり?

人類がこれまで強調文に掘り出した金は約14万トン、これから新たに掘れる地下埋蔵量は6~7万トンと言われており、2006年、金鉱山生産量は横ばい~減少と見られています。 金の生産国第一位の南アフリカで年間約3百数十トン。 これに比べ年間1千トン近い金が存在しています。 一体どこに?それは土の中ではなく、都市にあるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近代的なダイヤモンド産業の成立

古代、唯一のダイヤモンドの産地はインドでした。 1730年代になって初めてブラジルが産地として登場しましたが、大資本が存在せず、殆どが奴隷中心の人海戦術による採鉱でした。 産出量も平均すると年十万カラット程度で、資本の不足から人力で探す程度に終始しました。 しかし、ブラジル産のダイヤモンドは、それまでインドから細々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の埋蔵金伝説

日本全国どこに行っても、埋蔵金伝説を聞く事ができます。 戦国時代から江戸時代へかけて、各地で多くの金銀銭が日常茶飯として埋蔵され、また掘り出されていました。 日本最大級の埋蔵金が眠っているとされる「太閤遺金」こと「秀吉の埋蔵金」。 推察される場所は、『兵庫県川辺郡猪名川町多田銀山』です。 豊臣秀吉が死の床につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の産金

日本最大の金鉱であった有名な佐渡の金山は、1601年に鶴子銀山の山師3人が金脈を発見し、徳川家康より命じられた大久保長安がここを治めて以来、約300年ものあいだ金が採掘されました。 最盛期は年間に約400kgの金が採掘されましたが、1898年枯渇により採掘を中止しました。 現在、日本ではほとんどの金が鹿児島県にある菱刈鉱山で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金の産出国

現在、金はどの国からの供給が多いのでしょう。 最も産出量が多い国は南アフリカです。 南アフリカは地下資源が豊富で、金はもちろんダイヤモンドやその他の地下資源の多い事で有名です。 金の鉱石にはその何百倍という銀や銅が含まれているのが普通で、こうした金属も高い産出量を誇っています。 南アフリカは実に産出量1000トン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂金の採取方法とは

砂金とは、砂状に細粒化した自然金の事。 砂金の採取方法としては、川の、上~中流域の砂がたまりやすい中州や屈曲部の内側に堆積する砂礫層を捜します。 鍬などで砂を掘り起こし、揺り板やパンニング皿の中で流水で洗いながら砂金を選別する。 金は比重が砂礫よりかなり大きいので、時間を掛けて丹念に洗い流せば素人でも採取が可能があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛍石とは

蛍石は、鉱物の一種で、主成分はフッ化カルシウムである。 色は無色、または内部の不純物により黄、緑、青、紫、灰色、褐色などを帯びる。 加熱すると発光するが、割れてはじける場合がある。 また、紫外線を照射すると紫色の蛍光を発する。 蛍光する蛍石はイギリスや中国で産出されたものの中から稀に見つかることがある。 古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アレキサンドライトとは

アレキサンドライトは、ロシア帝国ウラル山脈東側のトコワヤのエメラルド鉱山で発見された。 ギリシャ語からきているクリソベリルという鉱物の一つで、金緑石の変種。 微量に鉄などの不純物を含み、強い太陽光の下では暗緑色を示すが、強い白熱灯だと色が鮮やかな赤色に変わる。 産出量が少なく、非常に高価。 人工のものも作られてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エメラルドの歴史

エメラルドはたいへん古い歴史をもつ宝石です。 紀元前四千年頃には、バビロニア帝国の首都バビロンで、すでに取引されていたと伝えられています。 そこでエメラルドは、ヴィーナスに捧ける宝石、と呼ばれていたそうです。 彼ら古代人は、エメラルドの美しさに魅了され、神々しい畏敬の思いでもって愛していたのです。 歴史上、エメラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルビーの産出地

ルビーの産出地として、ミャンマー、スリランカ、タイ王国、カンボジア、タンザニア、マダガスカルなどが原産地である。 なかでもミャンマーでは「ピジョン・ブラッド」(ハトの血)と呼ばれる最高級のルビーが得られる。 成分中に金紅石の針状結晶が混ざることによって反射光が星状に見えるものは「スタールビー」と呼ばれ、珍重されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more