高騰する金価格の行方


高騰する金価格の行方に、市場関係者が神経をとがらせている。



ニューヨーク金先物市場では、過去最高値に迫る1トロイオンス(約31.1グラム)当たり1549ドルを記録。



一方、著名投資家が金資産の大半を売却し、オバマ米大統領が商品市場の投機過熱を抑える方針を打ち出すなど逆風も吹く。



金バブルは続くのか、終わるのか。市場では期待と警戒感が交錯する。



NY金先物市場は、過去最高の高値をつけ、その後も高水準が続いている。



金が高騰している理由は、「無国籍の代替通貨」としての存在価値。



「米国の景気不などで通貨から金へと資金が流れている」などである。



米国ではドルや株が売られて金が買われる動きが顕著だ。



また、世界的にインフレへの警戒が強まっていること。



金は資産価値が目減りしない、インフレに強い実物資産と評価されている。


金は、金利を生まない


金価格高騰の流れを加速させたのが、2003年からスタートした金ETF(金上場投資信託)の登場である。



実物資産である金がETFという金融商品に組成されたことで流動性が高まり、オルタナティブ(代替投資)として年金基金などがポートフォリオに組み入れ始めた。



同時に、基軸通貨ドルから多極的な通貨バスケット制への移行という思惑から、各国の中央銀行が外貨準備として金の保有を増やし始めていることや、



金装飾品需要の拡大など、相場を過熱に導く要素はいくつもある。



しかし、現物の地上在庫は16万トンにすぎない。



わずかな資金流入で金相場は乱高下しかねない危うさがつきまとう。



金は、金利を生まない一種の無国籍通貨であり、社会の「不安指数」的要素を持っている。



金価格は「根拠ある高騰」から「根拠なき熱狂」の入り口にさしかかっている。


揺れる金価格


金の価格はここ10年の間に6~7倍に高騰した。



ニューヨーク商品取引所が担保となる証拠金を約27%引き上げたのを受け一転して急落、31年ぶりの大幅なものとなった。



金の価格はホットマネーが支配する投機の最中にあることは間違いない。



だが、金の価格はまったく根拠なく急騰してきたわけではない。



最大の要素は、基軸通貨ドルの揺らぎであり、世界的な金融緩和である。



世界に供給された過剰なマネーは、金をはじめとする貴金属市場に流れ込んだ。



ペーパーマネーから実物資産へと「質への逃避」が生じている構図である。


金投資~売却する時に消費税を受け取る仕組み~


厳しい財政難が続くなか、消費税アップはもはや避けられない情勢だ。



だが、この消費税アップを逆手にとって利益を得る方法がある。



それが「金投資」だ。



金は、購入するときに消費税を払い、売却するときに消費税を受け取る仕組みになっている。



たとえば、金1kgが400万円だとすると、買うときに5%の消費税20万円を支払う。



これを売るとき、もし金価格が同じ400万円なら、5%の消費税20万円を受け取るという仕組みだ(手数料などを考慮しない場合)。



となると、消費税がもし5%から10%に上がれば、売るときには消費税40万円を受け取ることになり、差額20万円が儲かるという計算だ。



ちなみに、消費税の課税事業者を除く個人には消費税の納税義務はない。


金相場~世界的なインフレ傾向~


2002年以降、金価格は上昇を続けており、特に2007年の夏以降、急激に値上がりし、2008年3月には1オンスが1000ドルを初めて突破するなど、激しく上昇。



その背景には、世界的な金融不安という状況に加え、金の市場へ機関投資家のマネーが流入し、金相場は高止まりしているというのが現状です。



専門家の見解では、「現状、機関投資家のマネー流入という側面もあるが、長期的に大幅に下落することはまずない」で一致しています。



と言うのも、原油価格は落ち着きをみせているもの、世界的なインフレ傾向は変わりありません。



また、インドや中国、ロシアといった新興国も依然として経済成長を続けており、資産・資源として、「純金」への需要は高まっています。



つまり、金価格を押し上げている要因は、今後も容易に変わりそうにないことから、金相場は高値で推移すると予想されているのです。


金の売却の流れとは


金を売却しようと思ったら、真っ先に金の価格を確認しましょう。



価格の動向は押さえておいて損はありません。



金価格の上昇で、儲かる場合も多いかもしれません。



次に、売却先を考えるわけですが、金を売却する手数料は業者によって異なります。



時には、買取価格が安くなる場合があるからです。



そして、売却する業者が決まったら、全部売却するのか、それとも部分的に売却するのかという風に、金をどの程度(大きさ、重さ)売却するのか決めましょう。



売却する金の重さによって売却の際に支払う手数料が異なりるからです。



事前にいくらなのか確認しておきましょう。



なお、売却の際には身分証明書が必要になりますので、忘れないようにしましょう。


金の購入や売却にかかる消費税


金地金や金貨を売買する時には消費税がかかります。



ですから、金を売買する時には、金地金の価格が税抜きなのか税込みなのか確認しておきましょう。



購入する時には、金地金の価格に消費税を上乗せして支払います。



一方、売却する時には、金地金の価格に消費税が上乗せされて支払われます。



つまり、購入時に支払った消費税は売却時に受け取るますので、相殺される仕組みになっています。



ちなみに、消費税率が変わらなければ相殺されますが、消費税が上がった時には上がった分だけ多く受け取れることに。



金価格が変わらないなら、税率が上がった分だけお得ということになります。


投資での金の魅力


金は宝飾品というイメージが強いかもしれませんが、金はリスクの少ない投資手段としても人気を集めています。



なぜなら、金はそれ自体に価値があるからです。



金は株式や債券等とは異なり、価格は変動しても価値がなくなることはありません。



さらに、金は不況や有事に強いとも言われています。



数年前のリーマン・ショック等による金融不安は、世界中の株式市場や投資環境を悪化させ、通貨の価値は大幅に変動しました。



しかし、このような場合でも実物資産が存在する金の価値は世界中どこに行っても変わりません。



そのため、世界の投資環境が悪化する時には、金の価値は上がる傾向にあります。



また、金はインフレに強く、着実に価格が上がるという特徴もあります。


消費税アップで売却がお得になる!?


2010年代半ばまでに段階的に消費税率を10%まで引き上げる等といった話題が取り沙汰されていますが、金の売却については消費税アップにより受取額がお得になります。



金を購入時に消費税を支払うことになりますが、売却する時には消費税を受け取ることになります。



つまり、消費税率がそのままなら相殺されますが、数年後に消費税率がアップすれば、税率がアップした分だけ消費税を受け取れることになります。



例えば、1グラム3,800円で500グラムの金地金にかかる消費税5%は9万5,000円ですが、10%では19万円になります。



これから金地金等を購入する場合、数年後に消費税率が引き上げられれば、税率のアップ分だけ消費税を受け取れる可能性が出てきます。



ただし、金の価格は日々変動していますので金の価格が値下がりすれば損失が発生することになります。


金価格の高騰


世界的に金価格が高騰を続けています。



2011年8月になってニューヨークの金先物市場は、ついに市場最高値となる1オンス=1,800ドルを超える値をつけました。



東京の先物市場でも、1グラム=4,300円以上と急上昇しています。



ニューヨークと東京の上昇幅の差は、主に為替による要因です。



現在は超円高状態にあるため、円建ての東京市場はかなり割安になっていると考えられます。



金価格がゆっくりと、着実に上昇しているのは、世界経済に対する不安が高まっている点が大きな要因です。



昔から「有事の金買い」と言われてきたように、金はどんなことがあっても価値を保てる安定普遍の資産として、太古から重宝されてきました。



特に2008年のリーマンショック以降の世界経済への不安の高まりが、金購入への動きを加速させています。


ダイヤモンドとは


ダイヤモンドは、炭素 (C) の同素体の1つであり、実験で確かめられている中では天然で最も硬い物質である。



日本語で金剛石ともいう。



結晶構造は多くが8面体で、12面体や6面体もある。



宝石や研磨剤として利用されている。



ダイヤモンドの結晶の原子に不対電子が存在しないため、電気を通さない。



地球内部の非常に高温高圧な環境で生成されるダイヤモンドは定まった形で産出されず、また、角ばっているわけではないが、そのカットされた宝飾品の形から、菱形、トランプの絵柄、野球の内野、記号を指してダイヤモンドとも言われている。



ダイヤモンドという名前は、ギリシア語の、adamas(アダマス)に由来する。



ロシア語ではАлмаз(アルマース)というが、これは特に磨かれていないダイヤモンド原石のことを指す場合がある。



磨かれたものについては Бриллиант (ブリリヤーント)で総称される。


貴金属の重金属とは

重金属とは、比重(密度)が4~5以上の金属元素のことである。



一般的には鉄以上の比重を持つ金属の総称。



対語は軽金属。



基本的には、アルカリ金属とアルカリ土類金属を除くほとんどの金属が重金属に該当する。



銅や鉛のような製錬が技術的に容易な金属が重金属であったため、人類の歴史上、比較的早くから用いられた。



重金属という分類は比重のみによる分類のため、非常に雑多な化学的性質・物理的性質を持った金属の寄せ集めである。



このため、工業的に大量生産・消費される金属や、レアメタルなど産業上重要な価値を持つ金属、生物に必須の金属や逆に毒性の強い金属など、その内容は非常に多様である。


貴金属の性質とは


貴金属とは、一般的には金 (Au)、銀 (Ag)、白金 (Pt)、パラジウム (Pd)、ロジウム (Rh)、イリジウム (Ir)、ルテニウム (Ru)、オスミウム (Os) の8つの元素を指す。



存在が希少なものが多く、耐腐食性があるのが特徴である。



ルテニウム、ロジウム、パラジウム、これら3つをパラジウム類と言い、オスミウム、イリジウム、白金、これら3つは白金類と言う。

この6つの元素を「白金族元素」という。



白金族元素はお互い性質が似通っており、融点が高く、白金、パラジウムはアルミニウム並に軟らかく、ルテニウム、イリジウムは硬く、オスミウムは非常に硬く脆い。



ロジウムはその中間の硬さである。



全体的にくすんだ銀白色を呈した金属である。


金粉は体内に影響ないのか?


金粉は食べても大丈夫なのか?



…結論から言うと、金箔は食べても安全です。



金箔は着色料・食品添加物として厚生労働省から正式に認可されています。



金箔は酸化も腐食もしないので食べてもそのまま出てきます。



胃液でも溶けないし、唾液でも全く変質しませんし吸収もされないのです。



微量に含まれる銀も同じく胃酸でも溶けません



金箔は人間の体内では全く溶けたりしません。



歯科医療で金や銀が使われるのはその為です。



食品でも仁丹の銀などに昔から使われています。



金箔はほんの少量で豪華な演出が出来ますので、お酒・お茶や料理におすすめです。



記念日や晴れの日など、ちょっとゴージャスに食卓を飾りたい時、是非お試し下さい。


金の埋蔵場所は都市にあり?


人類がこれまで強調文に掘り出した金は約14万トン、これから新たに掘れる地下埋蔵量は6~7万トンと言われており、2006年、金鉱山生産量は横ばい~減少と見られています。



金の生産国第一位の南アフリカで年間約3百数十トン。



これに比べ年間1千トン近いが存在しています。



一体どこに?それは土の中ではなく、都市にあるのです。



答えは加工品に含まれる金です。



装飾品、コンピュータや精密機械の中、その他様々な所に使われた金がリサイクルとなってまた金に戻ります。



金は空気、水など外環境によって一切変質しないのでリサイクルしても全く劣化していない金です。



このリサイクル金が合計量が毎年1千トン近くあるそうで、新たに鉱山から掘るより効率が良いのではないでしょうか。



という理由から埋蔵金は都市にあり、と言うわけです。


金箔の色は何色?


金箔の色ですが、金は金色、これは当たり前ですが、金箔には細かく色んな色味の金色があります。



金箔は金に微量の銀と銅を合金したものを打ち延ばしていますから、銀と銅の含有率によって色んな色を出せるのです。



一般的に作られている金箔の色味を挙げますと、5毛色、1号色、2号色、3号色、4号色、3歩色などがあります。



この他にも梅色(21.68K)、定色(14.12 K)などが作られています。



ちなみに純金58.82%以上からが「金箔」と定められている事から、この色が定色/さだ色と呼ばれます。



銀、銅を合金しない24Kの金箔もあります。



最も多く使われているのが4号色で、仏壇、工芸などに広く使われています。



有名な所では、金閣寺は1号色(5倍厚)、日光東照宮は特殊な3号色(日光色と呼ぶ)で貼られています。


純金箔は純金ではない


金箔の呼び方は色々あります。



純金箔、金箔、本金箔、金沢箔など。



一般的に純金箔という時、皆さん純金の箔で純金箔だと思っていませんか?



これは違うんです。



金箔は色目によって合金配合が色々あります。



つまり金に微量の銀と銅を合金した物が金箔



だから、純金箔純な金箔純金箔と捉えるのが妥当。



なんとも苦しい解釈です。



安い洋金箔(真鍮箔)に対して本当の金使用の箔(純金箔)である事を指して本金箔とも言います。



ですから、厳密に字のごとくの意味で純金箔(純金の箔)は24K金箔のみを指す、と言う事になります。



元来、金箔としておけばいいのに、なぜ純をつけたのでしょう…。


ルネッサンスの天国の門


イタリアのフィレンツェに「天国の門」と呼ばれる黄金を施した門があります。



場所はサン・ジャバンニ礼拝堂。



12世紀に建てられたフィレンツェで最も古い礼拝堂です。



同市の守護神ヨハネを祭っており、フィレンツェ市民は皆ここで洗礼を受けています。



14世紀にこの門を修理する事になり、扉に刻む彫刻のコンペが行われました。



このコンペにはギベルティという彫刻家が優勝。



そのギベルティが50年後にもう1つ、扉を作りました。



それが表面を黄金で覆ったこの門でした。



この扉を見たミケランジェロは素晴らしい出来映えに「おお、神々しい作品よ、天国に値する門よ」と言ったとされ、それから「天国の門」と言われるようになりました。



この門はルネッサンスを開いた最初の門とも言われ、その意味でも大きな意味があります。



今では表面の金がかなり剥がれていますがフィレンツェに行けば誰でも見る事が出来ます。


ローマ時代のエジプトの黄金マスク


「黄金のマスク」と言えば誰でもツタンカーメンのマスクを思い浮かべる事でしょう。



確かに、古代エジプトが栄えた時代の金のマスクは大変立派ですが、実は古代エジプト王朝が滅び、ギリシャ・ローマ全盛の時代にも金のマスクは作られました。



その見事な作品が発見され1999年6月13日エジプト最高考古評議会で披露されました。



この黄金のマスク、エジプト西部のオアシスにあるギリシャ、ローマ時代の巨大墳墓群を発掘していた時に見付りました。



墳墓の中には約200体のミイラが葬られていましたが、その中に金箔のマスクで顔を覆われたミイラがあったのです。



このミイラは権力者だった事は間違いありませんが、ファラオの王ではありません。



にも関わらず、黄金のマスクを埋葬したあたり、巨大な富の所有者であった事は間違いありません。



どうやら、当時は王に限らず権力者、大富豪は金に包まれてあの世に旅立ったようです。


金のブラジャーの価格とは


イヤリング、ネックレス。



ブレスッレトや金を使った装飾具は色々ありますが、ついに金のブラジャーが現れました。



これは女性下着メーカーと非鉄金属の大手企業が共同で作った物で、直径25ミクロンの24金の糸を使って手縫いで作りあげた物です。



生地から肩ひも、ワイヤまで全て金で作っており使った金の量は352グラムだそうです。



非売品だけに価格はついていませんが、強いて言えば350万円ほどになるとの事です。



もっとも金の価値は40万円位にしかなりません。



そこで金のブラジャーの値段の内99%近くは開発費や手間賃と言う事になります。



金分がたった40万円位では「金のブラジャーを身につけて亡命」と言ってもあまり、価値は無さそうです。



しかも、この352グラムという重さは通常のブラジャーの約10倍とか。



やはり眺めてため息をついているのが無難なのかも知れません。