金の埋蔵場所は都市にあり?


人類がこれまで強調文に掘り出した金は約14万トン、これから新たに掘れる地下埋蔵量は6~7万トンと言われており、2006年、金鉱山生産量は横ばい~減少と見られています。



金の生産国第一位の南アフリカで年間約3百数十トン。



これに比べ年間1千トン近いが存在しています。



一体どこに?それは土の中ではなく、都市にあるのです。



答えは加工品に含まれる金です。



装飾品、コンピュータや精密機械の中、その他様々な所に使われた金がリサイクルとなってまた金に戻ります。



金は空気、水など外環境によって一切変質しないのでリサイクルしても全く劣化していない金です。



このリサイクル金が合計量が毎年1千トン近くあるそうで、新たに鉱山から掘るより効率が良いのではないでしょうか。



という理由から埋蔵金は都市にあり、と言うわけです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック