ダイヤモンドの価値は世界共通


白い光の宝石であるがゆえ、ダイヤモンド宝石の中の王様になれました。



ダイヤモンドは無色透明こそ最上級品」とされています。



ダイヤモンドができる時に、不純物が多ければ多い程、色みや内包物が増え価値が下がります。



美しさも比例して悪くなります。



色みは透明な光に色をつけてしまい、不純物や傷は光の通過の邪魔してしまいます。



拡大鏡で外から内部を見ると、色や不純物が見えます。



それを厳密に等級付けするのが唯一ダイヤモンドです。



この等級は世界どこでもほぼ同じで、世界的な値段が決まります。



ダイヤモンドは、国際的に同じ等級付の価値に基づいて決まっていると言っても過言ではありません。



純粋で美しいダイヤモンドは極めて希少性が高いものです。



ふたつとして無い、それがダイヤモンドの大きな魅力の一つです。



その評価は、国際的な共通の価値としての魅力でもあります。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック