プラチナの概要と用途について

プラチナとは貴金属元素の一つです。



融点は1768.3℃、沸点は3825℃になります。



白金(はっきん)という名称ですが、現在ではプラチナと呼ばれることが多いです。



白金というと、ホワイトゴールドを連想するかもしれませんが、プラチナが浸透しているのはそういった理由もあるかもしれません。



また自動車の触媒に使われているのが有名です。



排気ガスの浄化の為に日々活躍しています。装飾品にも多く利用されており、重量感も有り、耐食性も強く、変色もしにくいので、ジュエリーに最適です。



またプラチナは、古代エジプトでも僅かながら使用されていたようです。



最古のプラチナ製品はルーブル美術館にある「テーベの子箱」というものです。



プラチナの存在が知られていなかった昔のヨーロッパでは、が重宝されていて、略奪の際に銀と間違えてプラチナを持って帰り、の加工設備では溶かすことが出来ずに大量に破棄されたこともあったようです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック