ホワイトゴールドのメッキ仕上げについて


ホワイトゴールドはロジウムメッキ仕上げをする事はご存知かと思いますが、あくまで、地金はホワイトゴールドなので地金表面をより白く美しく見せる為にロジウムメッキ加工されています。



ロジウムコーティングとかロジウム処理とか言い換えて表示する場合もあります。



ロジウムメッキ加工されたホワイトゴールドですが、実はホワイトゴールドの問題点でもあります。



その理由は、ロジウムメッキを施してあるという事は、使っているうちに傷つき、表面のロジウムが剥れてしまいます。



そして、若干黄色味を帯びた地金の色が表面に現れた状態になってしまいます。



この状態は変色した訳ではなく、メッキが剥がれて真っ白でない18金が露出しただけです。



これを元通りにするには、もう一回メッキ加工すれば新品同様になり、費用もさほどかかりません。



最近では割り金の技術も向上した為、黄色味も少なくなり、ロジウムメッキもかなり耐久性が増しました。



一番の問題点はホワイトゴールドはこういうことが起こり得る事を、説明もせずに販売する事です。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック