金の概要と用途について


金とは貴金属の一種



融点は1064℃、沸点は2856℃になります。



はとても柔らかく、その名の通り金色(黄色)をしています。



は古くから貴金属の価値を認められてきました。



様々な時代で主に装飾品として利用され、また貨幣や金貨としても利用されて流通しました。



技術の発達と共に歯科、エレクトロニクスなど様々な分野で利用されています。



性質としては、非常に薄く伸ばす事ができるので平面上に伸ばした金箔や、糸状にのばした金糸などが製造されます。



装飾品等に利用される場合、純金のままでは柔らかく、強度に問題がある為、他の金属と混ぜて合金として利用されます。



は利用される用途によって、純金のまま利用されたり、様々な金属と混ぜて利用されたりします。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック