貴金属としての価値


ダイヤモンドは、宝石の王様といえる高価な宝石です。


しかし、実際はそれほど珍しい鉱石ではありません。



元素が炭素であり、合成することも出来るし、埋蔵量もかなりのものになります。



ダイヤモンド価格を維持できているのは、産出・発売を規制して希少性を保持しているだけに過ぎないのです。



では、はどうでしょうか?まず、過去に多くの錬金術師が試みて失敗したとおり、合成する事はできません。



埋蔵量にいたっては地球上の大半を掘りつくしたといわれていますし、その全体の埋蔵量も極端に少ないのです。



もしも地球の全ての土を掘り起こして金を搾り出したとしても、その量は20立方メートル程度にしかならないとされています。



は絶対的な量が少ないのです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック