海外で宝石を購入する際の注意点

台湾ひすいという売り名の類似石は、人工処理が施されていたものだったりします。



台湾ひすいとは、ネフライという石で安価な石で置き物などに多く利用されます。



それが台湾ひすいという誤った名前で売られたりします。



この誤称の事をフォルス・ネームと云って、ひすいに関連して多く使われています。



インドひすいや、アフリカひすい、などがあります。



宝石名の上にわざわざ産地の名前をつけて売られているものは疑った方が良いです。



それに、雑な加工の宝飾品も多く見られ、石留めが雑な為、石が取れる心配があります。



それらを紛失した場合、その枠に合う石を見つけるのが困難で必要以上に高くつきます。



それから、ルビーダイヤモンドは紫外線に反応すると赤く輝くので、紫外線の強い国、タイやスリランカだと色の暗すぎるものが良質のルビーに見えてしまう場合があります。



これはプロの宝石商でさえ苦心します。



おそらく、損な出費を防ぐ為には、旅行の記念としての手頃なジュエリーの購入にとどめたほうが無難なのかもしれません。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック