テーマ:ダイヤモンド

ダイヤモンドとは

ダイヤモンドは、炭素 (C) の同素体の1つであり、実験で確かめられている中では天然で最も硬い物質である。 日本語で金剛石ともいう。 結晶構造は多くが8面体で、12面体や6面体もある。 宝石や研磨剤として利用されている。 ダイヤモンドの結晶の原子に不対電子が存在しないため、電気を通さない。 地球内部の非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドの美しさは光の中が秘密

ダイヤモンドは等級がつけられる唯一の宝石です。 その理由は、無色で、透明で、良いカットを等級付けする事によって、結晶の純粋性と稀少性を判定するのです。 宝石には色があり、稀少性や耐久性とともに「美しい色の評価」が大切です。 それに対して、ダイヤモンドは無色透明が尊ばれます。 光を反射し、屈折させ、分散させる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドはなぜ日本では採れないのか

多くの宝石は、世界各地で採掘されます。 稀少性の高い物かは価格でわかります。 例えば、美しい色をした宝石でも大量に採れる物は「安い宝石」になります。 宝石の条件は「美しい、稀少性、耐久性」の3つ。 水晶とダイヤモンドを比べれば、価値の差は歴然です。 どこでも採れる水晶に対して、ダイヤモンドは極めて限られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドは地球上でもっとも硬い石

ダイヤモンドは、8億年以上昔、地球の最も活動的だった時に、安定した炭素の原子同士が高温と高圧の条件下で奇跡的に結び付き、結晶化しました。 その安定度は、どんな酸やアルカリにも影響されにくい程で、同時に他のどんな石も、金属も傷をつける程です。 古代の人が、この石に初めて接した時は、神秘的な力に畏敬の念を持った事でしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンド原石とカット

金やプラチナは毎日、1g あたりの取引相場が出ます。 同じようにダイヤモンドの原石も、1カラット重さあたりの取引相場があります。 これらには決定的な違いがあります。 貴金属は精錬して溶かして、形を変える事ができる物であるのに対し、ダイヤモンドは採掘された原石は加工が不可能、純度を高める事もできず形を変える事もできな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドの価値は世界共通

白い光の宝石であるがゆえ、ダイヤモンドは宝石の中の王様になれました。 「ダイヤモンドは無色透明こそ最上級品」とされています。 ダイヤモンドができる時に、不純物が多ければ多い程、色みや内包物が増え価値が下がります。 美しさも比例して悪くなります。 色みは透明な光に色をつけてしまい、不純物や傷は光の通過の邪魔して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドは宝石の中の王様

古代インドから、中東諸国を経由してギリシャやローマに陸路運ばれていた不思議の石アダマス。 その後、海を経由して現在のイタリアのベネチアなの港町と貿易されるようになりました。 インドの原石の形のままか、ダイヤモンド同士をこすり合わせて表面を少し磨いたものでした。 一部の王様たちのものであったようです。 今から約600年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドの美しさの秘密

ダイヤモンドは、彗星とともに宇宙からやってきて地球上の生命の源になった「炭素」という安定した一つの種類の原子同士がたくさん結びついた結果、生まれました。 この特殊な物体は、密度や屈折率の特別の石として成長します。 重くて特別に硬かったり、光がはね返されて特別に通過しにくくなったりする現象です。 屈折率が大きいと、石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドは地球の中から生まれた

地球の年齢は約45億年。 私達が手にしているダイヤモンドは、35億年から9億年前までの、地球の活動期に誕生しました。 最盛期は16億年前後といわれています。 人間が到達したことの無い、深さ約150キロメートル前後、6万気圧の圧力です。 1500度以上のマントルの中で、炭素同士が出会い奇跡的に結びつき始め、一つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドの遥かなる旅

古代インド、ゴルコンダ王国(現在のハイデラバード近郊)で採掘されていたのが、ダイヤモンドと人間の初めての出会いです。 その歴史は、言い伝えによると5000年も前にさかのぼるとも言われていますが、定かではありません。 この貴重な石は、宝物としてインドの地から長い旅の末、古代中東諸国の王達の権力の象徴になり、古代ギリシャに渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドは「唯一のもの」

「世界にふたつとして、同じダイヤモンドは存在しません」 この言葉は、世界共通のダイヤモンドの合言葉。 ピラミッドを上下に二つ合わせたような理想的な成長を遂げたダイヤモンドの原石も、よく見ると少しずつ色、形、内包物が違っています。 実は、形のように目に見える部分だけではなく、特殊な装置を使うと、木の年輪のように、個性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラフダイヤモンドとは

ラフダイヤモンドとは、採掘されたままでカットをされる前の自然のままのダイヤモンド、「ダイヤモンドの原石」のことです。 ほとんどの原石は、形もまちまちで、色もさまざま、磨かれたダイヤモンドの美しさを想像できないざらざらの石であるのが普通です。 ところが、ここに登場するラフダイヤモンドは、地球から生まれたままなのに、形は美し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドは傷つかない強いもの

ダイヤモンドは、決して傷つかない強いものという意味のギリシャ語からきています。 どの石とこすり合わせても相手を傷つけ、固さにおいて金属をも寄せ付けない、また酸やアルカリなどの薬液からも影響は受けないのです。 つまり自然界の物質の中でもっとも安定した物質の一つであることから、古代から中世の人々にとっては不思議の石でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドの輝きの理由とは

ダイヤモンドの輝きの理由は屈折率がとても高いからです。 屈折率は、物質中でどれだけ「光の速度が遅くなるか」を表し、光が斜めに進入した時、屈折率が大きい方がより深く角度がついて光線が曲がります。 また、屈折率が高い物質から低い物質に光が抜けようとする時、浅い角度では「全反射」が起きます。 ダイヤモンドは屈折率が高いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドは炭素の塊

18世紀の化学者ラヴォアジェは、ダイヤモンドを密閉容器で虫眼鏡で加熱・燃焼させると二酸化炭素だけが生じる事を突き止めました。 これは、ダイヤモンドの成分が炭素であることを示します。 ダイヤモンドは、黒鉛(鉛筆の芯の成分)と同じ炭素の塊です。 炭素は、高温高圧下では黒鉛よりもダイヤモンドの方が安定で、地下深くで出来た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドは永遠の輝き

ダイヤモンドは宝石の中で特に珍重されています。 婚約指輪、結婚指輪といえばダイヤモンド。 ダイヤモンドの輝きを決定付けるブリリアントカットは、計算しつくされた58面体でダイヤモンドの美しさを最大限に引き出します。 南アフリカに本社のあるデビアス社は「ダイヤモンドは永遠の輝き」の販売スローガンを掲げ、ダイヤモンドは持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドの価格について

ダイヤモンドの結晶には希少性があります。 通常、宝石類は投資対象には不適な物ですが、どの鉱石でもその希少性によって資産的な価値があります。 また、通常は原石のままで保管されます。 カットされたものでは時代の流行により資産的な価値が減じる場合があるからです。 過去には、資産として保有するという習慣があったのはユ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドの相場とは?

ダイアモンドには自由な市場、自由な相場らしいものはありません。 中央販売機構によって価格が決まります。 ダイアモンドの価格は非常にいびつな価格になっています。 ダイアモンドという鉱石は実は比較的に多産です。 基本的に炭素の結晶ですから、地球上のあらゆる所に算出する可能性があります。 もちろん結晶化には熱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近代的なダイヤモンド産業の成立

古代、唯一のダイヤモンドの産地はインドでした。 1730年代になって初めてブラジルが産地として登場しましたが、大資本が存在せず、殆どが奴隷中心の人海戦術による採鉱でした。 産出量も平均すると年十万カラット程度で、資本の不足から人力で探す程度に終始しました。 しかし、ブラジル産のダイヤモンドは、それまでインドから細々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホワイトゴールドとプラチナの違いとは

最近では、プラチナの低単価商品がめっきり減り、その分ホワイトゴールドの商品がグッと増えました。 実際、ホワイトゴールドの需要がとても伸び、プラチナよりも同じ白系金属であるホワイトゴールドを所望されるケースが増えています。 その大きな原因の一つは、プラチナ価格の高騰です。 例えば、結婚指輪ではダイヤモンドの入らない、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金の産出国

現在、金はどの国からの供給が多いのでしょう。 最も産出量が多い国は南アフリカです。 南アフリカは地下資源が豊富で、金はもちろんダイヤモンドやその他の地下資源の多い事で有名です。 金の鉱石にはその何百倍という銀や銅が含まれているのが普通で、こうした金属も高い産出量を誇っています。 南アフリカは実に産出量1000トン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合金とは

金は柔らかくて加工しやすいのですが、逆に言えば型崩れしやすいともいえます。 金塊のように長方形の塊ならとにかく、繊細な細工をほどこすアクセサリーなどでは、かなり困った問題になります。 ところが、金は他の金属と混ぜやすいという都合のいい特性を持っているので、他の硬い金属と混ぜ合わせて、合金にすることでその欠点を補えるのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴金属としての価値

ダイヤモンドは、宝石の王様といえる高価な宝石です。 しかし、実際はそれほど珍しい鉱石ではありません。 元素が炭素であり、合成することも出来るし、埋蔵量もかなりのものになります。 ダイヤモンドが価格を維持できているのは、産出・発売を規制して希少性を保持しているだけに過ぎないのです。 では、金はどうでしょうか?ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュエリーの物理的・金銭的価値

「物理的、金銭的価値」とは、その素材そのものの持つ魅力、または財貨としての価値です。 ダイヤモンドやその他の貴石の輝きに惹かれたり、稀少で高価な宝石を所有することに満足を感じたりするのがこれに当たります。 これらはその存在自体に価値があるものですから、ジュエリーとして使われる場合、デザインは使用されている貴石などの価値を引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝石の財産性や投機性について

例えばダイヤモンドの場合、継続的に上昇傾向にあります。 けれど不況のあおりを受けて価格が下落した年もあります。 ダイヤモンド以外の宝石の場合は、価格変動は激しい、シリアスな投機の対象にはならないと云えます。 確かに品質の良い宝石は、長期的にみると価値は上がります。 けれどすぐに上昇する訳ではなく、それで利益を得る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婚約指輪の選び方

婚約指輪にダイヤモンドを選ぶ人は全体の7割近くいるそうです。 ダイヤモンドの清らかな輝きは永遠のイメージなのでしょう。 もし宝石をあまり買い慣れていない方なら、まず予算を決めるといいと思います。 予算が決まれば、どんなものを選ぶか考えます。 小さくても質のよいものを選ぶか、少し質は落ちても大きめのものを選ぶか、決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結婚指輪の選び方

結婚式というはなやかな式典のなかで、欠かせないのが結婚指輪の交換です。 この結婚指輪には、甲丸リングとよばれるプラチナリングが選ばれる場合が多いようです。 けれど最近では、プラチナとゴールドのコンビになったもの、いろいろな模様が彫り込まれたものなどもよく見かけます。 海外のデザイナーズ・ブランドにも人気が集まりはじめて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

婚約指輪の選び方

婚約指輪にダイヤモンドを選ぶ人は全体の7割近くいるそうです。 ダイヤモンドの清らかな輝きは永遠のイメージなのでしょう。 もし宝石をあまり買い慣れていない方なら、まず予算を決めるといいと思います。 予算が決まれば、どんなものを選ぶか考えます。 小さくても質のよいものを選ぶか、少し質は落ちても大きめのものを選ぶか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドの輝きが悪くなるのはどうして?

ダイヤモンドは油になじみやすい性質をもちます。 なので、料理用の油がつきやすく、放っておくと空気中のほこりなどと一緒にダイヤモンドに付着して輝きを損ないます。 輝きは永遠とは云え、普段の手入れが大切です。 やわらかい布で拭く程度の手入れで充分です。 どうしても輝きが悪くなったのであれば、洗面器にぬるま湯とキッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドの鑑定は4Cが基本

ダイヤモンドは鑑定によって、等級づけされます。 鑑定は、ダイヤモンドの品質を判定する為のものです。 その際に、カラット・カット・クラリティ・カラーの四つの項目で評価され、これを4Cとよびます。 カラットは宝石の重さを表す単位で、1カラットは0.2gと決められています。 これは特別の電子天秤を使って量ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more