テーマ:市場

金は、金利を生まない

金価格高騰の流れを加速させたのが、2003年からスタートした金ETF(金上場投資信託)の登場である。 実物資産である金がETFという金融商品に組成されたことで流動性が高まり、オルタナティブ(代替投資)として年金基金などがポートフォリオに組み入れ始めた。 同時に、基軸通貨ドルから多極的な通貨バスケット制への移行という思惑か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

揺れる金価格

金の価格はここ10年の間に6~7倍に高騰した。 ニューヨーク商品取引所が担保となる証拠金を約27%引き上げたのを受け一転して急落、31年ぶりの大幅なものとなった。 金の価格はホットマネーが支配する投機の最中にあることは間違いない。 だが、金の価格はまったく根拠なく急騰してきたわけではない。 最大の要素は、基軸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資での金の魅力

金は宝飾品というイメージが強いかもしれませんが、金はリスクの少ない投資手段としても人気を集めています。 なぜなら、金はそれ自体に価値があるからです。 金は株式や債券等とは異なり、価格は変動しても価値がなくなることはありません。 さらに、金は不況や有事に強いとも言われています。 数年前のリーマン・ショック等によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンド原石とカット

金やプラチナは毎日、1g あたりの取引相場が出ます。 同じようにダイヤモンドの原石も、1カラット重さあたりの取引相場があります。 これらには決定的な違いがあります。 貴金属は精錬して溶かして、形を変える事ができる物であるのに対し、ダイヤモンドは採掘された原石は加工が不可能、純度を高める事もできず形を変える事もできな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤモンドの相場とは?

ダイアモンドには自由な市場、自由な相場らしいものはありません。 中央販売機構によって価格が決まります。 ダイアモンドの価格は非常にいびつな価格になっています。 ダイアモンドという鉱石は実は比較的に多産です。 基本的に炭素の結晶ですから、地球上のあらゆる所に算出する可能性があります。 もちろん結晶化には熱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外で宝石を購入する際の注意点

台湾ひすいという売り名の類似石は、人工処理が施されていたものだったりします。 台湾ひすいとは、ネフライという石で安価な石で置き物などに多く利用されます。 それが台湾ひすいという誤った名前で売られたりします。 この誤称の事をフォルス・ネームと云って、ひすいに関連して多く使われています。 インドひすいや、アフリカひす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい宝石を安く買う方法

宝石の流通システムは、とても複雑です。 製造業者、卸業者、小売業者などの区別が曖昧である事。 ブローカーの存在もあり、委託販売システムが多い事も複雑さの要因です。 それが同じような品質や商品であったとしても、店によって値段が違う、という事が起こりやすいのです。 宝石にも「セール」がありますが、店によって大々的なセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外で宝石を購入する際の注意点

台湾ひすいという売り名の類似石は、人工処理が施されていたものだったりします。 台湾ひすいとは、ネフライという石で安価な石で置き物などに多く利用されます。 それが台湾ひすいという誤った名前で売られたりします。 この誤称の事をフォルス・ネームと云って、ひすいに関連して多く使われています。 インドひすいや、アフリカひす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい宝石を安く買う方法

宝石の流通システムは、とても複雑です。 製造業者、卸業者、小売業者などの区別が曖昧である事。 ブローカーの存在もあり、委託販売システムが多い事も複雑さの要因です。 それが同じような品質や商品であったとしても、店によって値段が違う、という事が起こりやすいのです。 宝石にも「セール」がありますが、店によって大々的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金投資~消費税5%で買って10%で売ろう

厳しい財政難が続くなか、消費税アップはもはや避けられない情勢だ。 だが、この消費税アップを逆手にとって利益を得る方法がある。 それが「金投資」だ。 金は、購入するときに消費税を払い、売却するときに消費税を受け取る仕組みになっている。 たとえば、金1kgが400万円だとすると、買うときに5%の消費税20万円を支払う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴金属、買い取り活況

金価格上昇の恩恵により、貴金属企業では23年1~6月の買い取り量が、金とプラチナ、銀の3種類合計で、前年同期比で54%増えたという。 7月に入っても、6月の同じ日と比べ買い取り量が5割増えた日があり、勢いは衰えていないという。 一方で、貴金属の買い取りサービスをめぐってはトラブルも増えている。 独立行政法人国民生活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴金属「安全資産」買い取り活況

手持ちの指輪やネックレスなど、貴金属を買い取るサービスが活況を呈している。 欧州の財政不安などから安全資産とされる金などに資金が逃避し、価格が高騰していることが背景にある。 ただ、業者が自宅を突然訪問して手持ちの貴金属の買い取りをしつこく迫るといったケースもあり、消費者には業者の見極めが求められそうだ。 活況の要因…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NY金、利益確定売りで31年ぶり落ち込み

ニューヨーク・マーカンタイル取引所の金先物相場は急落し、104・00ドル(5・6%)安の1オンス=1757・30ドルで取引を終えた。 下げ幅は1980年1月以来、31年ぶりの落ち込み。 下落率も2008年3月中旬以来、3年5カ月ぶりの大きさとなった。 最近の相場上昇で高値警戒感が強まっており、米株高をきっかけに利益…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド、祝祭シーズンで金需要25%増か

世界最大の金消費国であるインドでは、金需要が前年より25%急増する可能性がある。 金相場が資金の逃避先としての需要から歴史的な上昇を見せるなか、買い手が一段高を期待しているため。 金製品の販売量は前年同期を大幅に上回る250トンに上るとみられるという。 金相場は26%上昇し、国際商品市況の代表的指数のうち2番目に高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金バブル、期待と警戒心

高騰する金価格の行方に、市場関係者が神経をとがらせている。 ニューヨーク金先物市場では、過去最高値に迫る1トロイオンス(約31.1グラム)当たり1549ドルを記録。 一方、著名投資家が金資産の大半を売却し、オバマ米大統領が商品市場の投機過熱を抑える方針を打ち出すなど逆風も吹く。 金バブルは続くのか、終わるのか。市場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バブルの入り口で揺れる金価格

金の価格はここ10年の間に6~7倍に高騰した。 ニューヨーク商品取引所が担保となる証拠金を約27%引き上げたのを受け一転して急落、31年ぶりの大幅なものとなった。 金の価格はホットマネーが支配する投機の最中にあることは間違いない。 だが、金の価格はまったく根拠なく急騰してきたわけではない。 最大の要素は、基軸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金相場は上昇傾向

2002年以降、金価格は上昇を続けており、特に2007年の夏以降、急激に値上がりし、2008年3月には1オンスが1000ドルを初めて突破するなど、激しく上昇。 その背景には、世界的な金融不安という状況に加え、金の市場へ機関投資家のマネーが流入し、金相場は高止まりしているというのが現状です。 専門家の見解では、「現状、機関投資…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金、売却の流れ

金を売却しようと思ったら、真っ先に金の価格を確認しましょう。 価格の動向は押さえておいて損はありません。 金価格の上昇で、儲かる場合も多いかもしれません。 次に、売却先を考えるわけですが、金を売却する手数料は業者によって異なります。 時には、買取価格が安くなる場合があるからです。 そして、売却する業者が決ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金の購入・売却にかかる消費税

金地金や金貨を売買する時には消費税がかかります。 ですから、金を売買する時には、金地金の価格が税抜きなのか税込みなのか確認しておきましょう。 購入する時には、金地金の価格に消費税を上乗せして支払います。 一方、売却する時には、金地金の価格に消費税が上乗せされて支払われます。 つまり、購入時に支払った消費税は売却時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資としての金の魅力

金は宝飾品というイメージが強いかもしれませんが、金はリスクの少ない投資手段としても人気を集めています。 なぜなら、金はそれ自体に価値があるからです。 金は株式や債券等とは異なり、価格は変動しても価値がなくなることはありません。 さらに、金は不況や有事に強いとも言われています。 数年前のリーマン・ショック等によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税でアップで売却後の受取額が増える?

2010年代半ばまでに段階的に消費税率を10%まで引き上げる等といった話題が取り沙汰されていますが、金の売却については消費税アップにより受取額がお得になります。 金を購入時に消費税を支払うことになりますが、売却する時には消費税を受け取ることになります。 つまり、消費税率がそのままなら相殺されますが、数年後に消費税率がアップす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金価格はどこまで行くのか

世界的に金価格が高騰を続けています。 2011年8月になってニューヨークの金先物市場は、ついに市場最高値となる1オンス=1,800ドルを超える値をつけました。 東京の先物市場でも、1グラム=4,300円以上と急上昇しています。 ニューヨークと東京の上昇幅の差は、主に為替による要因です。 現在は超円高状態にあるため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more