金投資~売却する時に消費税を受け取る仕組み~


厳しい財政難が続くなか、消費税アップはもはや避けられない情勢だ。



だが、この消費税アップを逆手にとって利益を得る方法がある。



それが「金投資」だ。



金は、購入するときに消費税を払い、売却するときに消費税を受け取る仕組みになっている。



たとえば、金1kgが400万円だとすると、買うときに5%の消費税20万円を支払う。



これを売るとき、もし金価格が同じ400万円なら、5%の消費税20万円を受け取るという仕組みだ(手数料などを考慮しない場合)。



となると、消費税がもし5%から10%に上がれば、売るときには消費税40万円を受け取ることになり、差額20万円が儲かるという計算だ。



ちなみに、消費税の課税事業者を除く個人には消費税の納税義務はない。


"金投資~売却する時に消費税を受け取る仕組み~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント