宝石の本物とは?

宝石の本物とは天然宝石の事で、ニセ物とは天然宝石以外の人工的に作られた事をいいます。



天然宝石は真珠、琥珀等を除いて鉱物からなってます。



宝石鉱物を、カットや研磨等以外の手を加えていないものを天然宝石と呼ばれます。



合成宝石とは、天然宝石を人工的に結晶育成し同じ性質の人工宝石の事をいいます。



模造宝石とはガラス、プラスチック等の材料を使って天然宝石に似せた物の事をいいます。張り合わせ宝石も模倣宝石の部類です。



処理石とは天然の宝石に人工的な処理を施して、外見を良くしたもので、ルビーの表面の欠けた部分をガラスで埋めた物や色の淡いヒスイに緑色の染料をしみ込ませた物などがあり、このような物は熱にあたった時など、本来の姿に戻る事が予想されます。



以上のように、一口にニセ物と言っても色々な物があります。


"宝石の本物とは?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント