貴金属の性質とは


貴金属とは、一般的には金 (Au)、銀 (Ag)、白金 (Pt)、パラジウム (Pd)、ロジウム (Rh)、イリジウム (Ir)、ルテニウム (Ru)、オスミウム (Os) の8つの元素を指す。



存在が希少なものが多く、耐腐食性があるのが特徴である。



ルテニウム、ロジウム、パラジウム、これら3つをパラジウム類と言い、オスミウム、イリジウム、白金、これら3つは白金類と言う。

この6つの元素を「白金族元素」という。



白金族元素はお互い性質が似通っており、融点が高く、白金、パラジウムはアルミニウム並に軟らかく、ルテニウム、イリジウムは硬く、オスミウムは非常に硬く脆い。



ロジウムはその中間の硬さである。



全体的にくすんだ銀白色を呈した金属である。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック