金のブラジャーの価格とは


イヤリング、ネックレス。



ブレスッレトや金を使った装飾具は色々ありますが、ついに金のブラジャーが現れました。



これは女性下着メーカーと非鉄金属の大手企業が共同で作った物で、直径25ミクロンの24金の糸を使って手縫いで作りあげた物です。



生地から肩ひも、ワイヤまで全て金で作っており使った金の量は352グラムだそうです。



非売品だけに価格はついていませんが、強いて言えば350万円ほどになるとの事です。



もっとも金の価値は40万円位にしかなりません。



そこで金のブラジャーの値段の内99%近くは開発費や手間賃と言う事になります。



金分がたった40万円位では「金のブラジャーを身につけて亡命」と言ってもあまり、価値は無さそうです。



しかも、この352グラムという重さは通常のブラジャーの約10倍とか。



やはり眺めてため息をついているのが無難なのかも知れません。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック