ロードライトガーネットとは


ガーネットには、代表的な5種類の宝石があります。



そのうちのアルマンダイトとパイロープの種類が、古代のエジプトから、人間との深い関りを持ってきました。



これらは、鉄とマグネシウムの成分を含む為、代表的な色としては深赤色、暗褐色から、より明るく薄い血赤、ピンク赤色となります。



産出量が多い為に稀少的な価値は望めませんが、個別に持つ色の美しさと透明感がガーネットの価値を決める要素です。



なので、ガーネットは価値判断は正しくありません。



赤い色は「情熱、愛情、力」の象徴的な色です。



ガーネットは存在感がある代表的な宝石です。



近年、赤紫色のガーネットが産出されています。



30年ほど前から日本でも一般的にですが、名前は「ロードライトガーネット」。



色みは、紫が入った赤やシャクナゲの赤です。



美しいロードライトガーネットは気品があり、高貴なイメージで赤い宝石の代表格になっています。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック