金のしゃちほこ


「尾張名古屋は城で持つ」と言われます。



その名古屋を象徴する物と言えば、名古屋城の天守閣を飾っている金のしゃちほこです。



しゃちほこは、火除けの呪いとして作られましたが、後に城主の権威を現すシンボルになりました。



名古屋のしゃちほこは木の芯に鉛の板を張り、その上を銅板で覆い、最後に慶長大判を延ばして作るという手が込んだ物でした。



純度は48%と高く、東海道や美濃街道からも見えたと解説書にあります。



まさに、尾張徳川家の権威を天下に輝かせていたと言えます。



ただ、残念な事に第二次世界大戦で焼失し、現在のは昭和34年10月に再建された物です。



ところで、このしゃちほこにはどのくらいの金が使われているのでしょうか。



しゃちほこは雄と雌の二体があり、使用している金の量が異なっています。



北側が雄で44.69キログラム、南側が雌で43.39キログラムの金を使っています。



雄の方が1キログラム以上重いそうです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック