金の伸びる性質について


は1グラムでどの程度伸びるものなのでしょうか。



は大変細く伸ばす事が出来、最小で直径0.005ミリの線にする事が出来るといわれています。



そこで、ここまで細くした場合には長さはなんと3000メートルにもなります。



現存する世界の金の量は10万6000トンと言われています。



この線をすべて金線にすると3180億キロメートルになります。



地球と太陽の平均距離は1億4960万キロメートルなので、太陽との間を1063回も往復できる勘定です。



このように延ばしたり、広げる事を展延(てんえん)と言いますが、金は金属の中で最も展延性に優れており、工芸品によく使われる理由の一つです。



この面でもはまさに「金属の王」に相応しい存在とも言えるでしょう。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック