金と錬金術


「金を作る事が出来ないだろうか」



これは人類の夢でした。



この夢の方法を練金術といいます。



練金術は紀元前3世紀、古代エジプトに始まりました。



その後、アラビアを経て中世のヨーロッパに伝わりました。



その根拠になったのが古代ギリシャの大学者アリストテレスの説です。



アリストテレスは物理は火・気・水・土からなり、その組み合わせを変えれば金は出来ると考えたのです。



もちろん成功した人はいませんが、これが基になって科学技術が発達近代科学の基礎になりました。



事実、塩酸や硝酸などもアラビアの練金術師が作ったそうです。



日本では練金術は流行ませんでしたが、明治時代、東大の実験室で水銀に電流を流したら金が出来たとされ大騒ぎになりました。



しかし、水銀の中に微量の金が含まれていた為でそうは問屋が卸さなかったようです。



金を作る確実な方法、それは「賢者の石」を見つけ出す事です。



これはあらゆる物質を金に変える石の事で、古来練金術師が必死で探し求めました。



まだ発見されてませんが、発見出来たら世界一の大金持ちになる事は間違いありません。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック