ダイヤモンドの輝きの理由とは


ダイヤモンドの輝きの理由は屈折率がとても高いからです。



屈折率は、物質中でどれだけ「光の速度が遅くなるか」を表し、光が斜めに進入した時、屈折率が大きい方がより深く角度がついて光線が曲がります。



また、屈折率が高い物質から低い物質に光が抜けようとする時、浅い角度では「全反射」が起きます。



ダイヤモンドは屈折率が高いので全反射臨界角が小さく、特にブリリアントカットは正面から入った光は裏側に抜けず正面に返ってきます。



これが、ダイヤモンドがキラキラと輝いて見える原因です。



また、波長(色の違い)により屈折率が少しずつ違うのでキラキラと虹色の輝きも見られます。



ダイヤモンドは、基本的に無色透明が珍重されます。



ブルー・ピンク・グリーンであれば希少価値がありますが普通は黄色味が強くなるほど価値が下がります。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック