金の産出国

現在、はどの国からの供給が多いのでしょう。



最も産出量が多い国は南アフリカです。



南アフリカは地下資源が豊富で、はもちろんダイヤモンドやその他の地下資源の多い事で有名です。



の鉱石にはその何百倍という銀や銅が含まれているのが普通で、こうした金属も高い産出量を誇っています。



南アフリカは実に産出量1000トン、シェア7割を占めていましたが、その産出量は年々減り現在ではピーク時の4分の1とも言われています。



そして、100年以上も世界トップの南アフリカですが、今その王座を中国が奪おうとしています。



世界の金の鉱山産出量は2471.1トン。



しかし、南アフリカの資源は枯れかかっているため産出量が急落。



中国は産出量247.2トンで世界第3位。



長い間、金の3大産出量だった南アフリカ、アメリカ、オーストラリアが産出量を減らす中、この10年で70%も伸ばしている中国は、ついに産出量300トンを超え南アフリカを抜いて世界第1位に躍り出る見通しだそうです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック