バラジウムの概要と用途について


バラジウムとは、白金族元素の一つです。



融点は摂氏1555℃、沸点は2963℃になります。



自らの体積の935倍もの水を吸収出来でき、銀色で加工のしやすさから様々な分野で利用されています。



1803年にウォラストンという人によって発見されました。



パラジウムという名前は、1802年に発見された小惑星パラスに由来があります。



とても加工がしやすい性質なので、電子部品の材料として使われています。



しかし、価格が不安定なのでニッケル等の金属への代替えが進められているそうです。



歯科治療の銀歯にもパラジウムが使われています。



宝飾品にも利用され、プラチナホワイトゴールドの割り金としても使われます。



プラチナと同様に、自動車の触媒としても利用されるなど、様々な分野で活躍している金属です


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック