ジュエリー用の銀について

925シルバーとか、スターリングシルバーとかいう言葉を耳にすると思います。



これはジュエリーなどの加工用の銀合金の事です。



純銀の状態では非常にやわらかく、加工して何らかの形にしてもすぐに歪んでしまいます。



これでは、実用的な加工は不可能ですので、通常は少量のを割金として加え、合金の形で加工用として使用します。



このの含有量を、を92.5%、を7.5%としたものを925シルバー、またはスターリングシルバーと呼んでいます。



の加工製品のほとんどはこの「スターリングシルバー」で、法的にはこの合金比まで「純銀」と呼んでもいいことになっています。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック