貴金属としての用途

エジプトではツタンカーメンの黄金のマスクなど、世界最古の貴金属として愛用されてきた



今でも金を利用したアクセサリーなどは、男女問わず人気があります。



はそのままでは柔らかすぎるので、他の金属を25%配合した、18金といわれる合金の形で加工される事が多いです。



また、は非常に安定性が高く、反応性が低いので、金の装飾品金属アレルギーを起こしにくいのもポイントでしょう。



金属アレルギーでかぶれちゃった」というと、「安物のアクセサリーつけるからよ」といわれるのも、安い装飾品は金の比率が低いところからきているのです。



こうしてみると、装飾品として大変適した金属なのですね。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック