宝石の改良と人工処理の違いとは?

サファイアなどの加熱処理は改良であると考えられます。



サファイアの場合、着色元素である酸化チタンは石のなかで針状に固まってしまっている場合があり、これを高温で加熱し溶かして、働きを活発にさせます。



すると、深く濃い色合いのサファイアに変わります。



これは人工処理ですが、天然サファイア本来の性質を変えた訳ではありません。



これがエンハンスメント、改良です。



改良は、性質を変えないので天然石と同様に扱われます。



エメラルドの内部の亀裂に無色オイルをしみこませ目立たなくする処理も、改良と考えられ、天然石と呼ばれます。



また、エメラルドは、有色オイルで着色しますが、性質に関係なく色を変化させます。これがトリートメント、人工処理です。



処理石は、エンハンスメントと混同される事なく、鑑別書には処理エメラルドと明記され、天然石と区別されます。



重要なのは人工処理とは何か。天然石として容認できるものと、できないものがある事です。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック