真珠について

9月誕生石真珠は、貝が作る宝石です。



真珠は海水産と淡水産に大別できます。



現在では養殖真珠がほとんどです。



オーストラリアやフィリピンなどに生息している白蝶貝から採れる真珠は貝自体が大きいので、大粒の真珠が養殖できます。



真珠の価値では、他の宝石ダイヤモンドルビーエメラルドとは、また違った形で評価されます。



評価のボイントは主に、色・光沢・形・サイズの総合評価で決まります。



色では、日本人はピンク系の色合いを好むようです。



真珠の光沢の質は、巻きと関係かあり、巻きとは真珠の核を取り巻く真珠層の厚さの事です。



巻きが厚いものは反射が深く、重みのある光沢を示します。



形は、真円に近いほど価値があります。



けれど真珠には、半円やライス(米形)など、変形の楽しみもあります。



サイズは、質が同じなら真珠は大きいほど高価です。



価格は、直径8mmを越えると急に上がり、10mmを越えると飛躍的に上昇します。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック