宝石の価値とは希少性

宝石とは、稀少性のあるものです。



宝石と呼ばれる物はほとんどが鉱物で、その鉱物は、5000種類近くあるとされています。



しかし宝石鉱物として区別されるのは、わずか50種類余りです。



美しさと耐久性を兼ね合わせた鉱物は、これだけでも宝石の稀少性が窺い知れます。



さらに同じ宝石でも、美しさの差によって、稀少性が変わってきます。



より美しい宝石ほど産出量が少なく、当然、稀少価値はより高くなる訳です。



だから宝石の価値とは、美しさに結びついた稀少性にあると云えます。



この事は、人工的に作り出した合成石の価値と比較すると一目瞭然です。



合成石は大量生産することが可能だからです。



さらに合成石の仕上がりは画一的で、天然宝石がもつ美しさの稀少性をもってはいないという事です。



天然宝石は二つとして同じものはありません。



そしてこの稀少性が、美しさと結びついた時、それが宝石の価値を決めるのです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック