ダイヤモンドの鑑定は4Cが基本

ダイヤモンドは鑑定によって、等級づけされます。



鑑定は、ダイヤモンドの品質を判定する為のものです。



その際に、カラットカットクラリティカラーの四つの項目で評価され、これを4Cとよびます。



カラットは宝石の重さを表す単位で、1カラットは0.2gと決められています。



これは特別の電子天秤を使って量ります。



カットはダイヤモンドの美しさを引き出す重要な要素です。



ダイヤモンドには、特殊なカット形式が施されますが、これは美しさを最大限に引き出すカットだと云われています。



クラリティは、内包物(キズ)の状態で判定されます。



顕微鏡や拡大検査べ、内包物がどの程度あるのか詳しく調べます。



ダイヤモンドの色は無色透明に見えますが、ほんの少し色が着いています。適切な照明の下、いくつかの石との比較によって、はじめて区別がつく程度のもので、23段階に等級づけされます。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック