NY金、利益確定売りで31年ぶり落ち込み


ニューヨーク・マーカンタイル取引所の金先物相場は急落し、104・00ドル(5・6%)安の1オンス=1757・30ドルで取引を終えた。

下げ幅は1980年1月以来、31年ぶりの落ち込み。

下落率も2008年3月中旬以来、3年5カ月ぶりの大きさとなった。

最近の相場上昇で高値警戒感が強まっており、米株高をきっかけに利益確定売りが膨らんだ。

米耐久財受注が市場の予想以上に増加し、米景気の先行き不安がやや後退。

投資家のリスク回避の姿勢が和らぎ、これまで逃避的に買われていた金の売り材料となった。

金相場は初めて一時1900ドル台に乗せていた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック